審査

審査基準

お金を借りる際の審査基準は、消費者金融毎に相違します。激甘で通してくれるローン会社もあれば、他社からの借り入れ件数が3件程度でも、審査に通らないキャッシング会社もあります。

普通に考えれば、貸金業者といえば消費者にお金を貸して利益を得ているわけだからして、お金を貸してほしいという顧客が来れば簡単に貸してくれそうなものです。

しかし、それでもお金を貸してくれないということは、重大な何らかの事由が存在するということです。

審査に通らない理由

金融会社の審査に通らない理由で一番多いのは、多重債務です。貸金業登録をしている正規の金融業者は、審査の際に必ず信用情報センターのデータを調査します。データには、顧客の現在の借り入れ状況から、過去の借り入れ履歴まですべて登録されていますので、どんなに偽っても簡単にバレてしまいます。

大手の消費者金融などは審査に厳しいので、もしも借り入れ件数が三件以上あるようならば、この時点で審査に落とされてしまいます。もっとも、現在はweb上で通常の借り入れ審査ではなく、数項目記入するだけの事前審査というものがありますので、審査に通るか否か不安な方は利用されるといいでしょう。

確実に借りるためには

審査に落とされるのは誰しも嫌なものです。特に金融会社の窓口で審査を受けて、落とされてしまう屈辱ほど情けないものはないでしょう。そんな屈辱を回避するためにも、確実に審査に通る方法を考えなければなりません。

確実に審査に通るためには、自分の借り入れ状況や収入に合致した消費者金融で審査を受けることです。

消費者金融とは