本文へスキップ

当日融資、即日融資激甘キャッシング

日本の景気について

日本の景気は底を打つまでになぜ20〜30年も時間を要するのか。1929年の世界恐慌は、驚くべき速さで底を打った。29年度ピークになり、32年には大底。その間、わずか3年である。なぜか。これは大恐慌の中心が金融商品だったからである。金融商品は、売り買いが容易であるという性格から、価格の上昇 ・暴騰も速く、下落・暴落もまた速い。甚大な被害を残して3年後には一気に底を打った。ところが、1990年代に端を発した日本の恐慌は、不動産を中心にしたバブルになったため、不動産が簡単に転売できないという性格を反映して、価格の上昇・暴騰も、下落・暴落もゆったりとした推移で進んでいくでしょう。

銀行

デフレ・スパイラル

「バブル」崩壊以降のデフレ・スパイラルは、コンドラチェフの波の大恐慌サイクルに粛々と従う。株価も1929年の世界恐慌のように急激 には下がらず、かなり長い下降相場になって、だらだらとした坂を降りていく。おそらく、2012年〜15年の間のどこかで、大底に達することになるでしょう。今度のコンドラチェフの波で重要なポイントは、その波をつくり、動かしている源が日本の国内経済の不均衡だということです。たとえば、日本の資本の不均衡の集約的表現の一つである国民貯蓄余剰が、アメリカの景気を引きずり回すことになります。
毎日更新
スピードキャッシング

キャッシング審査の常識

お金