本文へスキップ

当日融資、即日融資激甘キャッシング

金融投資の基礎

分散投資を上手にする金融商品という言語ですが、金融商品を買う際、分散投資をする必要があります。金融商品に投資するときなるべく多種類の商品に分けて リスクを分散させることで大きくマイナスになることを防ぎ、リターンを確保できるということは理論上からも統計上からも証明されています。 そして、資金量の限られている個人投資家は、自分の資金がある程度なくなっても何の問題もないという人はいないわけですから、もともと分散して投資を 行うことが特徴である投資信託を買うということは、手数料を払うという多少のデメリットがあったとしても理にかなっていると考えられるのです。

銀行

手数料について

また、1%、2%の手数料をどう考えるかということなのですが、例えば、個人が株式投資をしようと考えて『会社四季報』を1冊買ったとしても、 1800円程度かかります。いろいろ売られているマネー誌や投資関連書籍を買ったとしても、少なくとも1冊500円以上します。そう考えると、投資信託を10万円で買い、 そのときの信託報酬が年2%だったとしても2000円ですから、少額投資の場合には投資信託を買った方が割安だと考えることもできます。 あらゆる投資にはそれに伴った情報収集コストや管理コストがかかるので、それが正当な対価である場合には支払うのは仕方のないことなのです。
毎日更新
スピードキャッシング

キャッシング審査の常識

お金